うちの猫さんが糖尿病に!?
注射を刺すのにビビる場合はちょっと読んでやって下さい

我が家の にゃ郎共
我が家の にゃ郎共

よく このブログで 突っ込み役で出て来る猫さんは
我が家の にゃ郎共なんですが・・・

まぁ 猫さんなので 動物病院へよく 連れて行くんだよね~

んで
その病院は 猫さん患者用と 犬さん患者用と 待合室が分かれてる ちょっと珍しい病院なんだけど・・・

うにゃたろと ふぃ~坊ちゃんが 待合室にいる時 前に入ってた初老のご夫婦の会話聞こえてきたんだよね

聞き耳を立ててた訳じゃないけど まぁ 聞こえちゃう訳よ

んで

おばちゃん (仮)
おばちゃん (仮)

お薬で何とかなるって 思ってたけど ダメだったね・・・

 

おじちゃん (仮)
おじちゃん (仮)

ゴハン 食べた後に注射するんだったかな?

 

おばちゃん (仮)
おばちゃん (仮)

そう・・・
うまく打てるか 心配・・・
出来なかったらどうしよう・・・



こんな感じの会話だったのね

んで ピンと来た訳さ~

その猫さん 糖尿病デビューしちゃったのね・・・と・・・。

後で 先生に コッソリ聞いたら やっぱり そうだった(^-^;
ガンバって打ってやってね

ふぃ~坊ちゃん

御大 去年 20歳を迎えられてます。
(/・ω・)/  わっほーい

なんで ピンと来たかと言うと

この ふぃ~坊ちゃんも 実は 糖尿病患ってますねん。

しかも 2回目(;´∀`)

ネコさんの糖尿病って 詳しくは省くけど
人間や 犬さんと違って 何と 治る(数値が落ち着く?)場合があるんでがす

で ふぃ~さんは 1回は治ったけど
数年後に また 症状が出ちゃったのねん

 

 

Click here for sponsors

provided by this sponsors

様々なポーズの猫さんの
積み木が登場!!

 

注射するのって やっぱ コワいよね!?

ネコさんの 糖尿病は
ほぼ 毎日 お家で 注射をしなきゃいけないんだけど
病院に毎日行ってたら 猫さん側のストレスと 家計の負担が 半端ないですし・・・
(;´∀`)……

多分 飼主さんが 1番ビビるのは 注射針を刺すという行為じゃないかな!?

その おじちゃんおばちゃんの 会話を聞いて
我が家も そんな風に 不安だったよな・・・

と 思い返しちゃってさ・・・。

でもね・・・

今 慣れ切ったから 言えるけど
猫さんは 痛みには べらんめぇに 強い!!



て事だ!!

注射するのに 不安の1つに
痛くないかな!?
というのが ある人も 多いと思う。

うにゃたろ
うにゃたろ

実際 自分もそうだったけど・・・(笑)



でも そこは やっぱり 動物の強さと言うか・・・
ちょっと痛いぐらいで 騒いでいては 厳しい自然の中では生きて行けないのです!

 

 うちは 去勢してない ふぃ~坊ちゃんと パパネコが 歳も1歳しか変わらないので
奴らが 若い頃は 毎朝 にゃんにゃんバトル(結構 マジモード)
早くから 起こされる日々があった・・・。

首とか 撫でると どっちにも 噛まれた跡が いくつも・・・!?ひえっ

そんなでも 別に 喧嘩してない時は ケロッとしてたりするから
痛みに鈍感は  何となく納得 行った。



でも シッポ踏むと 激怒りされるのは 納得いかんが・・・。
特に おかぁにゃん猫に・・・

provided by this sponsors

特に ネコさんが 痛みに鈍感な場所とは!?

 

猫さんと言えば 首を噛んで おかぁにゃんが 仔にゃんを運ぶ姿が有名だよね?

つまり 首の皮は まじで 猫さんは鈍感な部分だと思う。

何だったら ご飯食べてる時に 首の皮 ピロっと持って ささっと刺しちゃっても
全く 気にもしなかったりもする(笑)

情報源ソースは ふぃ~坊ちゃん(笑)

なので 痛くないかな!?という 不安は 全く持つ必要は在りません!!
て 言えるかも!?

ぽんおやじ
ぽんおやじ

かもかよ・・・

 

うにゃたろ
うにゃたろ

・・・小心者なんで・・・
逃げ道は作っとく・・・のだ・・・

 

ふぃ~坊ちゃん
突っ込み部隊
ふぃ~坊ちゃん

ダメな奴よのぉ・・・

らる~そ
隊員その2
らる~そ

んだ・・・

 

provided by this sponsors
 
Click here for sponsors

 

猫様への愛で溢れかえってる 猫様専用専門店【ネコソダテ】
首輪を嫌がってしまう猫様は 是非是非 お試しあれ!?
「ネコソダテ」迷子札や猫様おもちゃグッズも!?

 

注射針は 長さが2種類あるんだよ~

我が家は もう少し 首の部分を 引っ掴んでます(笑)

でも どうしても うまく刺しにくいと言う人は もしかしたら
注射針の長さが 合ってないのかも!?

実は 我が家は 1回目の糖尿病の時と 2回目は かかってる病院が違うんす。

1回目の時の病院の先生は なんか
こうせいあーせい んじゃ頑張ってね
あんまり 親身になってくれないような感じだった。

初めて猫さんに注射なんて 不安だったし

打ち損じちゃった気がした場合でも
ちょっとでも インスリンが体内に入っちゃってたら
打てたか わからなくても 追加で打つのは 絶対ダメなんで
緊張しちゃう訳よ・・・ 

でも 痛いかも!?とかで ビビってるから ちょっと刺しちゃっただけで
ピストンを押すと きちんと刺せてなかったせいで
その辺が びちょびちょになってしまう訳よ・・・
漏れてる?感じかな?  (;´Д`) 

でも 明らかに失敗クサいけど 追加で打てない訳よ・・・。
(多くインスリンが入ると 低血糖になってしまい 逆に 短時間で命の危険系になる為 とかなんとか・・・

うにゃたろ
うにゃたろ

でも 量が少なすぎても 高血糖が続くと
こちらも ヤバくもなる訳でして・・・



なんとか 1回目の時は ふぃ~さん自体が若かったのもあってか
自力で 治してくれたっぽいけど・・・
(;^ω^)さすがっす 御大

2回目に また血糖の数値的に 糖尿病になった時は
その時の不安を 今の先生に ぶっちゃけた所・・・

もしかしたら 針が長い方の注射器だったのかもしれないですね
こっちの短い方は どうですか?
みたいに 提案してくれた

うにゃたろ
うにゃたろ

んで 短い針の注射器で打ったら すんごい打ちやすかったのねん



驚き桃ノ木サンショウウオさんだった訳よ
なんか違う・・・?    (;・∀・)  アレ ?

なんというか・・・

我が家の場合
ネコさんの 首の皮 引っ張って 刺す時に
長い針だと 目測を誤りやすかったみたいでね・・・

ポン親父なんか 引っ張って刺したら貫通してしまってて
体に入らなかった インスリンで びちゃっとなってたりも あったと言ってたし・・・。

斜め下に向かって 打つべきところ 引っ張った皮 真横に刺していたらしく
見事に貫通(笑)

てか 今だから 笑えるんだけどね・・・
勿論 当時は 真剣に心配な訳でして・・・



んで 短い針だと 目測を誤らずに スムーズに打てるようになったのねん。

首の皮の部分は 鈍感てのを 改めて教えてくれたのも 確か今の先生だったので
その辺も ビビりが 減って
注射を刺すこと自体が そんなに 抵抗なくなったのねん。

いや・・・
人間のお医者さんもそうだが お医者さんの人柄って本当に 大事だと思ったりもした・・・。

勿論 逆に 短い方だと 打ちにくいって人も居るので 
どうしても なんか 注射器が打ちにくい場合 先生に 長さを聞いてみるといいかも知れない!?

うにゃたろ
うにゃたろ

最初のうちなら 2種類 出してもらって
どっちが 自分で打ちやすいかとか 試すのも有りだと思う。

provided by this sponsors

最後に・・・

という訳で
うちの ぬこ様が糖尿病になっちゃったけど 注射刺すのが ちょっと怖い・・・
という 
初心者さんが 少しでも ビビらず打てたらいいなと
たいした情報でもないけど 書いてみましたです

ふぃ~さんは 糖尿病と 甲状腺と 腎臓機能が少しづつ低下中(年は年なのでしょうがない・・・)
お薬三昧ですが
高い所にある 自分の寝床とか 毎日乗り降りしてますし
元気は元気なんで 先生にも よく褒めてもらってます(笑)

 あ・・・

もしかしたら うちの先生と言ってることが違う!?と
思ったかも知れない 部分ですが・・・
(食べてる最中に 注射を打ったところとか・・・)

よく インスリンは 食前に打つのが正解と 見かけたりしますが
うちの先生は 食べてからでいいですよ・・・との事で 
我が家は 食後直ぐぐらいに 打ってます。

食前に打つ場合だと
もし その後 何かしらで 食べなかったりすると
数時間後ぐらいに 低血糖になって 緊急事態になり得る場合があるからとか・・・。

我が家も 一度 低血糖になった時があって 一刻を争う事態を経験したので
まじで 先生のお言葉に従って
食事後に インスリンを打つように してるでございます。




猫さんは もしかしたら 一生糖尿病とのお付き合いって訳じゃないパターンも在り得ますんで
治してくれたら お医者さん行くの減るよ~とか
伝えながら 打ってたら
意外と 自力で治してくれるかもしれないよ(笑)

お試しあれ (*・∀-)b

勿論  効果が無くても 責任は持てませぬが・・・・
(;´д`)   ォホホ…

 

 provided by this sponsors  
ワンちゃんの ぽく 感じる商品のタイトルですが
ネコさんも
ちゃんとイケます(笑)

 

自然免疫機能を維持して
けがや病気に強い体つくりに貢献してくれる
ペット用の飲料水って ご存知ですか!?



 
詳しくは
こちらを クリック
 
Click here for sponsors

 

猫様への愛で溢れかえってる 猫様専用専門店【ネコソダテ】
首輪を嫌がってしまう猫様は 是非是非 お試しあれ!?
「ネコソダテ」迷子札や猫様おもちゃグッズも!?

 

Click here for sponsors

provided by this sponsors

様々なポーズの猫さんの
積み木が登場!!

 

 



うにゃたろをフォローする
よろず屋 猫の ナンでも ダダ洩れ雑記

コメント 書いてもいいよって御方は どうぞ お願いしますです